革命

HollowBug
2,467
33
0

歌詞

作詞:柳澤利功

作曲:柳澤利功

僕らはいつでも透明の何かを目指して歩くよ 裸足のまま飛び出した革命前夜僕は唄う 僕らは幾度も肯定と否定の日々に殺される 在るべき形は存在を明かさぬまま僕を睨む 泣いて吐いて日々をもがいていつからこんなに惨めになって でも僕は僕でちっぽけな命燃やしてるんだ この先に貴方がいると信じ走り続けました 僕は此処にいるよって声枯らしてる その頬に走った二つの線が闇を照らしていた 痛みも絶望も全部連れ去ってくれ 僕らはいつから透明の何かを目に映しだせるの 苦悩の日々は極彩の瞳をして僕を睨む 鳴いて吐いて日々を堪えていつからこんなに独りになって でも僕は僕でちっぽけな鼓動鳴らしてるんだ この先にあなたがいると信じ走り続けました 僕は此処にいるよって声枯らしてる その頬に走った二つの線が闇を照らしていた 痛みも絶望も全部連れ去ってみせるよ

アーティスト情報

4人組 ギターロック 2017年5月 結成

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or