歌詞

作詞:シイナトモヤ

作曲:シイナトモヤ

春の匂いで目覚めたあの頃は 月が綺麗でした なんでもないふりをして 手を振る 夕方5時のチャイム さよなら 静かな湖畔に浮かぶ あのナイフと青写真 帳が下りて月が沈んでいった アトリエに飾られた悲しみを 朝まで眺めて 夜を過ごす 染み出す感傷に浸って そのまま消えた 春の匂いで目覚めたあの日は 月が見えなかった なんでもないふりをして 手を振る 夕方5時のチャイム さよなら くらげのような浮遊生活 透き通って溶けて沈む 傘をさしたままで閉じこもっていた アトリエに飾られた償いを 朝まで眺めて 夜を過ごす 染み出す感傷に浸って そのまま消えた アトリエに飾られた誓いを 朝まで眺めて 夜を過ごす 染み出す感傷に浸って 溶け込む呼吸

アーティスト情報

関東発・女性ボーカルロックバンド Vo./Gt.まひろ(@mahiro_1221)Gt.シイナトモヤ(@sea_in_A) Ba.コウダエイシロウ (@iy4271729) ■kimisakaip@gmail.com

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or