オーフレンド

ライカシア
15
0
0

楽曲解説

小学生の頃の友達に書いた歌。 毎日のように遊んでいて小中高同じ場所へ通ったのに喧嘩もこじれることもなく自然に離れていった。寂しいけど笑い合った日々は確かである。彼を思い出した日に歌にしました。

歌詞

作詞:小島僚介

作曲:小島僚介

なぁ僕らがまだ律儀に黄帽かぶって帰ってた頃 「ああお前がいなきゃつまらないや」そう僕に言ったあの日の君 僕なんて返事したっけ?思い出せないや だけどこの思い出は忘れないよ あれからどれくらい経ったか もうわからないけど君はどうしてんのかな? 疲れて止まって振り返った そしたらあの日の君の笑った顔 ねぇ、まだ友達と呼んでいいかい? ああ、僕らは結局制服変わっても同じ場所へ通っていたのに 互いの世界が少しずつ作られて いつの間にか離れていった それに対してなにも思わなかった 最後に君を見た日のことを思い出せないよ 最後に君と話した内容も思い出せないよ でも近くにいるのに離れ離れで過ごしたある日 君はふと照れ臭そうに僕をあだ名で呼んだ ずっと忘れないよ いつから会わなくなったか 気にもしなかったけど今更少し気になるよ 疲れて止まって振り返った そしたらいつかの君の横顔 もう友達なんて呼べやしないけど 確かにあの日の僕らは笑い合った

アーティスト情報

コジマリョースケ(@monosatesuke)の宅録ソロプロジェクト。ここに迷い込んだあなたが一休み出来ますように。ここには歌しかございませんがゆっくりしてってください。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or