リピートノイズ

△の街灯
115
3
0

楽曲解説

△の街灯1st single『リピートノイズ/フレアの街』より

歌詞

作詞:AYATO

作曲:AYATO

繰り返す 雨音は何も言わない 緩やかに壊れてく 曝したまま 隙間に君の言葉が、溶けるように鳴って 心臓が、そっと鼓動を止めるような 「もしも、君の心が曇りなら、晴れに変えてあげよう」 だなんて繰り返す 馬鹿みたいだ 何も知らない 分からないまま 過ぎた春 もうお手上げだなぁ 十回閉じた瞼をまた 通り過ぎた 雨のような雫が落ちた 大海に沈む蛙のよう 燦々落ちるイカロスのよう きっと分かりはしなかったのだろう そっと触れることもできないよう それでも離れない この手が忘れない どこにだって君の姿を探してしまうから 救いの音が響き渡るように 白く染まって 僕らは二人で居た 雨の中で 君が笑って 揺れた声 かっこつきゃしないなぁ 十回開いた瞼にまた 流れ込んだ 雨のような雫が落ちた きっとこのまま ノイズはきっと

アーティスト情報

東京4ピースピアノロックバンド

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or