歌詞

作詞:鈴木政人

作曲:鈴木政人

長い冬を越え北風浴びて 待ち侘びた咲き誇る時を感じる どんな場所で咲くか胸躍らせて いざ一花咲かせようと芽吹いていく 雨風に晒され降りかかる現実 誰もが同じように蕾なのに 気がつけばまたひとつ無意識の隨に 重いため息ついてた 春風舞う時の中で 優しさなんてもう期待せずに 無情の中ではみ出す事を恐れて 造花のように笑う僕がいる 無理に笑えたり群れて歩いたり 開花した友を見て焦る中で 薄く染められた思い出よりも僕のままで 胸を張って生きていたいから 春風舞う時の中で 優しさなんてもう期待せずに 無情に生きる覚悟を決めた頃から この心の臓が動き始める 花びらが舞う 目の前にひとつひらり 誰もが見て呉れを気にもせずに 気がつけばまたひとつ歪な形さえ “ボクだ”なんて掴み始めてた 春風舞う時の中で 優しさなんてもう期待せずに 無情の中で掴んだ己の色よ この心の臓が動き辞めるまで 僕らはずっと今を生きていく

アーティスト情報

2015年12月結成。『本気でやれば何かが届く。』を本気で信じて、今日も熱く、まっすぐ、あなたに届ける何苦楚魂炸裂のロックバンド。関西中心に全国的に活動中。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or