風車と湿地

キャラバン
19
0
0

歌詞

作詞:あま

作曲:あま

森の奥で賑やかに聞こえている 兵隊は泣きもせずひたすらに歩いた 遠くに伸びてく影に一人隠れて 返事はとうの昔大きく手を振っていた 昨日今日とまた明日 誰の目にも見えない そんな輪の外側から今もまだ聞こえてる 大きな風車を微睡んだ夜に浮かべては 怯えたあの日を腕の中のあなたに 船を漕いでは水面に映るわたしに 「どうして笑えるの?」揺れる波に問いた 砂の粒子が不意に目を掠めた 何も見なければ悲しむこともないから 深く目を閉じてみた  瞼の裏で映った 夜を背に浮かぶあなたがいつまでも消えてくれないまま 雨降りに消えていく幻の日々は止まったまま 潮が満ちたなら鏡台の灯が落ちた 誰にも見えないんだ  誰にも映らないんだ 誰かの為にならぬなら もう消えてしまえたらいいな 大きな風車を微睡んだこの夜に 浮かべてみたけれど 分からないの あなたがくれたもの 愛はずっとそばにいてくれたんだ 未来へ繋がる輪 いまは混ざり溶けていく 古びた屋敷はまだ

アーティスト情報

バンドで活動中。よろしく。 Vo&Gt&Art(あま) Ba(@ponta_7329) Dr(@wima3310) HP工事中。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or