あしたの空へ 190406

ドクロバニー
8
0
0

楽曲解説

ドクロバニーのオリジナル曲です。

歌詞

作詞:フゥ

作曲:ドクロバニー

靴音ひとつ 朝焼けの町 まるで海底の 廃墟のようだ 薄い氷を 踏んで歩いた 猫の目で笑う 白い三日月 君にもし 会えたなら 何を話そう 考えている 君の声を 聴かせて なぜか胸が 苦しくなるよ 明けの星を 見上げて 町は今日も動き出した あしたの空へ 肌を刺すような 冷たい空気 火照る体で 走っていくよ 駆け足 細い路地裏を抜けて 赤いマフラーが 尻尾のように 君にさっき 会えたのに 鞄の中 渡せないまま 君の声を 聴かせて ほんの少し 近づけたかな 君のことを 思うと なぜか胸が 苦しくなるよ 明けの星を 見上げて 町は今日も動き出した あしたの空へ

アーティスト情報

名古屋の六畳ロックバンド ギターボーカル: フゥ ベース&その他: ゲン

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or