黄色い街灯

Lスタジオ
848
8
0

歌詞

作詞:平瀬大智

作曲:平瀬大智

人気(ひとけ)の少ない商店街 僕は君のことを想う 無理やり昔の景色と重ね合わせた 君の知らない商店街で ちょうど一年そのくらい前 僕,君に恋をする 不釣合いな男女、とまらない感情 今でも君が忘れられなくて 最初から分かってたんだ ただ君に終わらせてほしかった たわいもない会話も途切れ 目の泳ぐ僕の視線の先で 君は優しく困ったような顔で 「今日は何の話なの?」って 聞くから ちょうど一年そのくらい前 君を呼び出した夜 意味も無くプラリあるいた夜の道 やけに騒がしくて騒がしくて 言葉が出せない、一歩が出ない 友達じゃなくなる夜 そんなとき「待ってる」って「分かってる」って 背中を押したのは君のほうで 隣にいてくれたなら 淡い妄想、ぬるい風に溶けて ただ君の驚いた顔とか おどおどと落ち着きの無いところが たまらなく愛しい気持ちにさせた 「話したいことがあるよ」って 切り出した ちょうど一年そのくらい前 君を呼び出した夜 お互い結末の見えた夜だったから ゆっくりゆっくり足を進めた 人気の少ない商店街 友達じゃなくなる夜 コツコツと夜をうつ音が一つ二つ 公園のベンチに腰おろして 二人の会話が途切れてく ぬるい風が頬をなぜる 伝える言葉は分かってるんだよ ただ声に出すのが怖いだけだよ 言葉が出せない、一歩が出ない 友達じゃなくなる夜 そんなとき「待ってる」って「分かってる」って 背中を押したのは君の方で

アーティスト情報

Lスタジオは2018年11月18日をもって解散しました。 作詞、作曲、ベース担当→@hirasedaichi

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or