フリージア

幾田 りら
4,880
72
2

楽曲解説

流れていく日常の中で 忘れていた感情にもう一度立ち止まれるような言葉を散りばめてみたつもりです。 聞いてくれた人の日常と、この曲が重な合えたらいいなと思います。

歌詞

作詞:幾田りら

作曲:幾田りら

『フリージア』 電車の窓で想う日々も 通り過ぎていったあの最寄駅も まるで ありふれた生活が君の景色になった 焼けた夕日に 苦しくなったり 星空の下 同じ感情を抱いたことも 目を閉じればそこに 君を感じ続けていた 初めて触れた手のひらの 淡い感覚を もう一度 止まらないまま踏み出した その時から始まっていた まるで 魔法にかけられたような 時の中で 肩寄せ合いたい 変わらない幸せに 気付いたのは あなたから くだらない話 もうやめて シワを寄せて笑う君が 愛おしくて 太陽を浴びて光る 君のそばで 初めて触れたこの心に 心地よい嘘が 沁みていった しがみついて もう離れない 優しさから 離れられない そっと魔法にかけられたままで 何からも ずっと守り続けて 変わらない想いに気づけたのは あなたから 人は一人より 二人の方がいい って誰かがいっていた たとえばそう感じた時に 偶然結ばれた糸だって 必然に変わればいい 決して 枯れやしない花のように 二人だけでそっと咲いていたい 変わらない幸せに 気付いたのは あなたから

アーティスト情報

いくたりら 18歳、ギター弾き語りシンガーソングライター。 中学3年から本格的に活動をスタート。 2015年Sony music主催「SINGIN'JAPAN」ファイナリスト

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or