手紙

Alica
785
7
0

楽曲解説

色褪せた思い出へ。

歌詞

作詞:おみ

作曲:Alica

いつも君の隣で笑っていたいから 僕らの声がいつか重なったら 色褪せないように2人で繋いで 大切に育てて花を咲かせよう。 君が残した僅かな言葉だけが 変われない日々を慰めている 同じように笑う誰も彼も 痛みを残したまま笑っている。 誰もいない街で星を見上げている そんな風に君を思い出すよ。 色褪せた言葉とあの日の温度が 今も僕の心を閉じ込めている。 何を歌っても届かないと 分かってはいるんだけどさ 僕にとっては 君がついた嘘とあの日の空が 綺麗で汚い答えなんだ。 誰もいない街で君を思って歌っている そんな日々を僕は許せるか。 色褪せた言葉とあの日の思いに さよならを告げたら火をつけよう。 そしてこの灯りを2人の証にしよう 全てが燃えて灰になっていくまで。 色褪せた手紙もあの日の温度も せめて消えていくまで愛していいかな。

アーティスト情報

「あなたの心の在処になれますように」 2016年結成。東京都。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or