歌詞

作詞:梅野河童

作曲:梅野河童

少しの灯りと口ずさむ歌があればそれでいいよ 夜道は何もないけれど、少し思い出すのです ひとつの言葉があなたの心の奥を抉ったようです あなたはもういないけれど少し涙が出るんだ まだ出会いたての頃、名前を呼ぶのも恥ずかしくて 夜の真ん中、雲に隠れた心が顔を出すんだよ 私の事は忘れてよ、僕の中に刺さった棘が今も 暴れだすんだ、叫びだすんだ、少し飲みすぎたよ 隣でまた微笑んでよ、届かない声が夜を通り過ぎる せめて今だけ泣かせておくれ 何も見えてなかった夜に一人 月が綺麗だってさ、あなたに教えたいな 少し遅かった、あなたに伝えられなかった 今なら叫べるよ、叫ぶよ、月へ 私の事だけを見てね、そんな言葉を今更噛み締める 聞こえますか、聞こえますか あなたしか見えないんだよ 悲しい夜が明けて行く もう行かなければ、あなたはいないけど まだしばらくは思い出すだろう さよなら愛した人、月の下で

アーティスト情報

2017年結成、鹿児島発、4ピースロックバンド。 梅野河童 (Vo.)、冨永悠 (Ba.) 叙情的な日本語歌詞と起伏の激しいバンドサウンド、高揚感に身を任せたエモーショナルな演奏でステージを彩る。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or