Answers

SOFTTOUCH
2
0
0

楽曲解説

楽曲の基本となるギター2本、ベース、ドラムを録った後、ギターを差し替え、整えてゆく。 というのがよくある録りの進め方のところ、 この曲はほぼ全ての楽器においてベーシック一発録りのテイクが採用された曲です。 ちなみにレコーディングの初日に録音ました。 初現場の緊張感や胸の高まり、ワクワクがサウンドとして生々しく記されているように感じます。 一発録りのサウンドは何よりドライブ感や緊張感、一体感が心地よく表現されます。 佐野のギター、Aメロとサビの音色の切り替えに関して、プロデューサーの井上くんよりアドバイスをいただきました。それぞれの箇所においてギター本体のボリュームの変更により、サウンドに抑揚をさりげなく出すことができたと思っています。 楽曲のブリッジ部にて、ギターの音が自然一瞬に消えるのは、ボリュームを変更しているためです。 Answersという<複数形の答え>に意味を持たせています。 昨今、これまで以上に様々な考え方や生き方が選択できる世の中であるような気がします。 その反面、国家や地域コミュニティにおける分断・島宇宙化という現象も聞こえてきます。集団における想いが細分化され、それぞれが離れ離れになってしまっているようにも感じています。例えば、フラットになったはずの人種的・文化的な世界観の隔たり、平和な日常における個々の正しさ、正義における考えや、職業や暮らしの中に存在するレイヤーを貫通する通念。この細分化された世界観を包摂するにはどのような考え方が必要なのだろうか?と、この歌詞を書きました。 相反する意見であったとしても、相手方を一度覗き込むことによる<気づき>を見出すこともあると私は思います。苦手なものも、口に入れたら意外と美味しかった!ことや、鼻持ちならない人と同行することで垣間見た魅力的な一面!など。見解は幾重にも広がり、それぞれを認め合うことこそお互い<社会>が動き出すきっかけとなり、 それこそが<世界>を動かす原動なのだと思っています。そんな歌です。

アーティスト情報

佐野史紀(Vo&Gt)、山田真一(Gt&Cho)、渡辺大介(Ba&Cho)、星野誠(Dr&Cho)から成る4ピースバンド。 略称「タッチ」。1998年秋 昭和音大の仲間を中心に結成。2000年冬1stアルバム『Positive Thinking』でデビュー。2002年春1st EP『セイリョウカンベットタウン』発売。同年秋2nd EP『エンドマークタワー ep』発売。2003年春解散。 2007年春『セイリョウカンベットタウン』と『エンドマークタワー ep』を重ねた2in1アルバム『SOFTTOUCH』発売。 2016年夏、活動再開。 2018年、後藤正文 (ASIAN KUNG-FU GENERATION) 主宰のレーベル "only in dreams" より、後藤正文 と井上陽介 (Turntable Films / Subtle Control / Peg&Awl)がプロデュースを手掛けた3rdアルバム 『リビルド』 を11年振りにリリース。 「解放」と名付けた自主企画を開催。 2018年11月30日「解放 #3」下北沢basementbarにてワンマンライブを行う。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or