ヒヤルガエイサー

ARARYOZI
24
0
0

楽曲解説

エイサーのスタンダード曲「七月エイサー」をサンプリングした曲となっています。夜に若者たちが先祖を迎えるべく生き生きと舞うエイサーの情景と「人の生」という儚さのようなものを表現しました。 生きづらい時代であるといつの時代でも言われます。それでもその時代時代には確かに「生命」があります。

歌詞

作詞:ARARYOZI

作曲:ARARYOZI

祈りの踊り ヒヤルガエイサー 街角全域で 誰もがfeel 過去との繋がり 熱く迫るこの思いはreal 明日はどうだって 何とかなるさの精神で 極楽浄土もいい でも現世もいいただ楽しく生きるだけ そうだ 思い残したことはないな 今夜空に向け叩くテーク どうだ 生きてるって感じる夜 舞う 宙に射す 紅と紫衣 そうさ そうさ 僕らが勝者 悔いないさ 緑に輝く木々の芽強く 時に降る雨に土は潤う 俺には俺の足跡があるさ 今を生きるための命よあれ どうした それが何気にすんなマジ心に空いた穴埋めていくイマジン どうした しかと見つめよ匙 ほら分量どころかそれ塩だし どうした 光るIceとgrills 俺には天然輝くteeth 空の下迫る君との距離 Never あいつに奪わせるかその瞳 あれも欲しいこれも欲しいもっと欲しいとはいかんね現世 後世or前前前世も変わらぬ人生 食うか食われるかの時代だどうせ 燃え上がるその花は 散りゆくさだめと悟る 幸せはほら側にある 心の奥にすぐ還る 誰かが落としたその涙 やがて花の露となる 悲しみはほら側にある 心の奥にすぐ還る

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or