銀河鉄道

ever youth
258
31
0

歌詞

作詞:田川 三四郎

作曲:田川 三四郎

手を繋いでこの冷たい街から抜け出そう 手を繋いでこの世界を壊しに行こうぜ 僕は笑ってた いつかの自分が泣いてる でも君の期待には応えたい 僕は笑ってた 今でも心の中では悩んで ただ君を悩ませたくないと思った 段々と死んでいく いつか骨は残ってくれるだろう それで満足かい いつか振り返られるように 君と見たい空があるのさ 手を繋いでこの冷たい街から抜け出そう 手を繋いでこの世界を壊しに行こうぜ 足下散らばる夢の欠片 忘れたいつかの誰かの声 夜明け前までに支度をして さよならさ でも不安で 踏み出せないままで 伸ばした手を 祈るように合わせて 確かめ合うのさ 君から伝う温もりを 手を繋いでこの冷たい街から抜け出そう 手を繋いでこの世界を壊しに行こうぜ

アーティスト情報

- 神戸最速ギターロック「ever youth」 - 2020年2月より現メンバー体制での活動をスタート。 ツインギター×ベースボーカル×シンガロングを疾走感と共に叩き込むライブスタイルは必見!

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or