蝶よ花よ

村上 恭子
38
0
0

楽曲解説

心の居場所を探している歌

歌詞

作詞:村上 恭子

作曲:村上 恭子

自信のない私を必要としてくれたのは 道で声をかけてくれたスカウトの男だった きらびやかに光る場所に連れて行ってくれる幻想 現実逃避ではなく現実なんだと信じていた 歳をとると無くなっちゃうなんて 見通せなかったよ 新しい自分に生まれ変われた そう思っていた 蝶よ花よと煽てられて 世間知らずも甚だしかった 隙間だらけの心を埋めていけるような気がしていた 一つ一つの誉め言葉が嬉しくて感動してた 商品価値が下落しても 気付くことを教えられずに 返って来ない時間は絶望感しか無くて 誰が責任とってくれるでもなく自己責任 使い捨てにされても騙されたとも言えず 自己肯定と完全否定のどちらかにに追い詰められた 優しさの裏にあったのは目の前の利益への欲望 私じゃなくても良かった 変わりはいくらでもいる 刹那的なシステムに はめ込まれた人間たちの醜い どうでも良い競争に 踊らされていただけだと気が付き 背負っていく過去と未来の 代償はとてつもなく ボロボロの心と身体が 残されていただけだった 蝶よ花よと煽てられて 認められたと勘違いしていた 偽りの愛とは何で 真実の愛とは何かわからず 自分の支持者を集める ことでしか満たされず 求めていたものは儚く 見つけにくいものだった

アーティスト情報

歌詞に自分の想いや、感じたことを込めて曲を作っています。 シンガーソングライターとして、福祉施設等でライブ活動をしています。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or