天文部(demo)

平理央
34
4

歌詞

作詞:平理央

作曲:平理央

自販機でばったり会った 2日目の夜 詰められたばっかの三ツ矢サイダー握って 「ぬるいな」って笑ってた おまえのせいでこの半年は 何も手につかなくてつらかったんだ  その無防備な表情はあの時のまま 先輩殴って連れ去りたい 先輩殴って連れ去りたい 先輩殴って連れ去りたい いやすいませんなんでもないです 人工衛星がこれから見えるから それまでの暇つぶし 僕と付き合ってよ 嫌いと言った そんなことない なことないのに あなたは見ないフリして ボトルのキャップを開けた 去年二月土曜の深夜  ここ行こうってさ 休もうって言ってさ あなたは苦いって言って 僕の好意を飲んだ あっという間に時が経ち 繋ぐ手もよぼよぼになって いつかは君と死ねるような そんな夢をみたりした でもどうやら恋愛は 天体観測と似ていた 一度見逃した流星群 いつ会えるの  馬鹿だな

アーティスト情報

1999年生まれのシンガーソングライター。主に首都圏を中心に活動中。 15歳の頃、当時好きだった女の子に告白するためにギターと作曲を始める。 告白の結果は失恋に終わるが、音楽は継続。 2019年9月、ライブハウスを中心に音楽活動を開始する。 2020年12月、初の音源となる1st EP『さよならラプソディ』を配信リリース。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or