SHACALANDA
302
3
0

歌詞

作詞:TANEKO

作曲:SHACALANDA

飾らない なんせ 思い出は 緩やかな脳が書き換える ありのままなんて難しい 真っ暗になっても君はいないから Uh… Yeah… Uh… 見上げた塔を流離う あの子の霊を助けて Yeah 僕らに愛情なんてなくても 友情なんてなくても Yeah 恋でしたよ 君の言う愛は重いようで 綿毛より軽いシャボン玉 丸々と太る昼下がり 目の前にそっと白い糸を垂らそう Uh… Yeah… Uh… 完成までの5秒で 吹き飛ぶように消えたの Yeah 貴方は汚い所も見据えて 枯れてく様も認めて Yeah 微笑む 見上げた塔を流離う あの子の霊を助けて Yeah 僕らに愛情なんてなくても 友情なんてなくても Yeah 恋でした 咲いた花の影に 戻らない笑みを見た

アーティスト情報

2019年8月結成、Vo.TANEKO、Gt.世古 一真、Ba.シバモトから成る。 渋谷・新宿を中心に活動中のSHACALANDA(シャカランダ)です。 チケットご予約、お問い合わせはこちら→shacalanda@gmail.com

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or