春風は涙を運んで

monoKatsumi
3
1
0

楽曲解説

あなたがいつも笑顔をくれたから。 泣いてばかりもいられない。 笑って見送るね。

歌詞

作詞:monoKatsumi

作曲:monoKatsumi

今年の冬は暖かかくて 送り出すには良かったかな 悲しんでばかりもいられないから ありがとうの涙で見送るね。 少し背伸びをするように 吸い込んだ空気は冷たくて もう大丈夫と前を向いたなのに 頬はなぜか暖かくて 慣れない胸の痛みはずっと 癒えない消えないままでもいいの もうすぐ春が迎えに来るわ 私の頬を風が乾かして あなたにこの涙を届けるの だから悲しみじゃなくてありがとうを 優しく、明るく、真面目なあなたの お日様のような笑顔が好きでした。 時には厳しく、時には暖かく、 真っ直ぐな愛を教えてくれた 流れる雲に見とれてしまう 私はきっとあの雲だね あなたに照らされ、見守られて、 私は自由に生きていた。 初めての家族旅行の帰り道 小さな食堂で食べたのは 豪華なものではないけれど そこには笑顔があふれていた 今でもそんなこと思い出すの 些細な毎日が幸せでした。 苦しい時も笑っていてくれた あなたの子供で幸せでした。 もうすぐ春が迎えに来るわ 私の頬を風が乾かして あなたにこの涙を届けるの だから悲しみじゃなくてありがとうを

アーティスト情報

変幻自在のメロディーと心地よい歌声、 聴く人を支える様な、見守る様な歌詞、 沖縄県出身ロックでポップなシンガーソングライター

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or