この歌をある人に

齊藤信幸
12
0
0

歌詞

作詞:齊藤信幸

作曲:齊藤信幸

この歌をある人に 今までどれほどたくさんの人が ただ通り過ぎただろう 君が立ち止まってくれたことを 何に感謝しよう 忘れていた懐かしい切なさが ゆるやかに広がって 気がついたときには胸の奥に 君が住んでいた 夢や勇気を称える歌ばかりが 今日も流れるけれど 叶うことを望んではいけない思いがあると知った だから 君と歩くわずかな距離が 君と語るわずかな時間が いっしょにいられない分だけ こんなに愛しい 愚かだね いつか会えなくなるときの淋しさが見えてるのに 明日また会える喜びだけが 心に寄せてくる 今度 君の町を訪ねてみよう 何を求めるでなく 君を育ててくれた街の風に ただ吹かれよう 言葉にできない思いと言うけれども たぶん本当じゃない 言葉にすれば閉じ込めた思いが 走り出してしまう 君の肩を抱くこともかなわずに 抱き寄せることもかなわずに 静かに君を支えていく そっと このままで だから 君と歩くわずかな距離が 君と語るわずかな時間が そこにいる そのままの君が こんなに愛しい 君が愛しい

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or