恋セツナ

日向寺昌美
2,302
10
1

楽曲解説

1つ歳を重ねるごとに恋の仕方を忘れてしまう。 嫌な噂が耳に入っても、自分の想いが確信に変わるだけ。 うまくいかない恋と止まらない想いを描いた失恋ソング。

歌詞

作詞:日向寺昌美

作曲:日向寺昌美

探していたの君のことを気持ちに嘘はつけないみたい 車の匂い 散らかった部屋体がまだ覚えているの 別れがあるから出会いがあるって人は言うけれど君以上の人はどこにもいないどこにもいない 大好きだよと言った目の奥に 浮かぶのはきっと私じゃない 華やかな恋 求めないからどうか置いてかないで 鈍感なフリはやめてこんなに想う気持ちはねぇわかってるんでしょ? 聞きたくもない噂は君をもっと好きにさせるみたい 話題を見つけて指滑らせても既読はつかない でも君以外じゃダメみたいなの離さないでよ 大好きだよと言った目の奥に浮かぶのはきっと私じゃない 新しい恋なんて欲しくないのに 進めない2人 君のかけらを探してしまう 手を伸ばしそっと触れたくなる 叶わない恋なのにまだ期待してる 大好きだよと言った目の奥に 浮かぶのはきっと私じゃない 華やかな恋 求めないからどうか置いてかないで

アーティスト情報

茨城県出身シンガーソングライター。2017年よりオリジナル曲を作成しはじめ、ライブハウスや路上ライブを中心に活動している。また傍らでアイドルやアニソンの仮歌なども行っている。 2019年12月14日には横浜O-SITEにて ​4thワンマンライブを開催し満員御礼で披露した。​ ソロ活動と並行して、シンガーソングライター「Honami」と「日向寺昌美」による新ユニット“えのぐ”を結成。ハスキーボイスのHonamiと、透き通った歌声の日向寺昌美の相性は抜群。作詞作曲から衣装、メイク、ライブ演出なども2人によって作られている。 2019年8月11日、えのぐとしては、初のツーマンライブ「オムライス」を開催。同時に3曲入りCDも発売した。えのぐとしては、JFL日本フットボールリーグの、FC大阪の応援ユニットとしても活動し、ホームゲームでは毎回えのぐのライブパフォーマンスが繰り広げている。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or