逃避行の夜明け

サラバガニ
2
0
0

楽曲解説

ダテメガネ、それはなんのために存在するのだろうか。別になにか用をなすようにも感じられない。むしろそこら中にヌリカベが見えるばかりである。雨の都会にこだまする悲痛な叫びと罵声。皆その重い体を引きずって光を求めて虚構を生きている。

歌詞

作詞:サラバガニ

作曲:サラバガニ

イントロI イントロII やっと光を見つけた これまでずっと探してたんだ なんの気配もしない いつかこの手でくるめてみせる 闇の中にいた まるで潰され続けるようだった 友なんてなくした いつか遠い昔のことだった Aメロ 脇道を歩いてた そこでこのヌリカベに出くわしたんだ 名前はなんていうのか そんなの知ったことじゃないんだってば 僕ら後ろに向かった 向かってる先もよくわかんない 困ったな、困ったな 困ったな Bメロ 理屈なんて後付けさ 結果主義と自己責任の世界 ただの紙と文字列が 物を言う サビ 戻りたいあの時へと 噛みしめたいあの逃避行 夢のない夢の街へと 変わりゆく理想の世界 外すのさそのダテメガネ 味わうんだ歪んだ世界を 間奏 Aメロ 無重力を歩いてた そこでそのヌリカベと言い合ったんだ 初めて顔を見たんだ それはいつかの友の顔だったんだよ 僕は何処かへ向かった 向かってる先はよくわかってた 困ったな、困ったな 困ったな いつかの光景が浮かぶ あの日僕らは近過ぎたんだ 失われた絆 もう戻らない もし過去を やり直せるのなら きっと君を選ばないさ 君を守るため 間奏 Bメロ 正義なんて後付けさ 排他主義と無情に満ちた世界 僕たちはヌリカベに 変わりゆく サビ 戻れない希望の日々よ 悪夢となる一夜の夢 夢のない夢の世界よ 変わりゆく理想の世界 外すのさそのダテメガネ 味わうんだ歪んだ世界を 間奏 Bメロ 僕らみんな人形さ 人生なんてただの幻だろう 閉じられた空間で もがいてる サビ 結果よけりゃ全てがいい そんな薄い話は嫌 あの日の夢をもう一度 変わらない歪んだ世界 捨てるのさそのダテメガネ 築くんだ理想の世界を 重力で邪魔している 重力に邪魔されてる 限りない連鎖の網よ みんながつけているよ 意味のないそのダテメガネ ヌリカベだらけさ僕たちは

アーティスト情報

Sound sculptor (曲を作ってる人)

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or