イチニントイロ

PanaP
19
2
0

歌詞

作詞:Natsune

作曲:Natsune

イチニントイロ とめどなく舞う 記憶の花を集めては 失うことを恐れて 蓋をする 一人だけ独りだけ 泣いている子供のように 追いつけない追いつけない日々に彷徨っている 満ちる月の陰に覗く 襖障子 堪え切れない憂いに 戸惑っている 沈んでく沈んでく 綻びに糸を通し 泳いでく泳いでく 開いた隙間を結う 抱えきれるほど 強い心で いなければなんて 決して思わなくていい まだ広がる空 預けた両手に 吹いている 風は今 温かな弱さを包み込む 紅葉もヒラヒラと落ちる 秋の終わり バス停に過ぎってく 一筋の光 待っている間にも 時はまた過ぎていく それでもまだ 僕達は ゆっくり息をする 果てしない夢を見続けるには 走り続けなきゃと 思っていた日もあった 一秒 握った 暗闇さえも 愛おしくなるように イチニントイロ 想いを込める 止まらない風が後押しするように 開いた窓から 殻を破る音がする ただ 見尽くした空 だって よく感じて 無数に咲く 道がほら イチニントイロ いつでも傍に とめどなく舞う 記憶の花を集めては 未来へと吹くように 願ってる

アーティスト情報

ボーカル/スチールパン 夏音 @kano081027 エレキベース 悠 @PanaP_haruka ■HP→ https://t.co/z1Fuy1ODys ■お仕事のご依頼はこちら⇒PanaP.nkh@gmail.com

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or