Parallel wing

吉埜由利子
19
0
0

楽曲解説

2013年2月9日発表。 2014年1月18日発売『紫紺』収録曲。

歌詞

作詞:K

作曲:Y(吉埜由利子)

冬が降りて低い空の下 街を埋めてく貴方の吐息 荒ぶ風に馳せた祈りも 凍って砕けてく 淡い景色を揺らめく貴方は 朽ちる羽の欠片 そっと僕に托して 一つしか持たない羽でも 重ね合わせたなら飛べるのに 舞う雪が溶けて混ざる様に 一つにはもうなれないと知った 肌を切る乾いた空気が 触れた温かさを奪ってく 優し過ぎた貴方の嘘に 本当は気付いてた 何処までも行くと決めた貴方を 止めなかった僕は間違ってはいないけど 閉じ込めないために 縛ってしまわないためにと告げたなら それも愛になる?労りになる? こうなることは解っていたのに? 白銀の世界を汚すのは 穢れない貴方の染まって散らばる紅い羽 一つしか持たない羽でも 重ね合わせたなら飛べるから 舞う雪が溶けて混ざる様に きっと一つになれる 堕ちてしまう前に その背に 残る羽が消える その前に 僕のでなくても良い 他の羽で良い だからもう一度飛べると言って

アーティスト情報

少年ジャンプの主人公に憧れる系シンガーソングライター。 山口県下関市出身の作曲&パフォーマンス担当の吉埜由利子(作曲時名義はY)とその幼馴染みで作詞担当のKの2人で楽曲を制作。LIVEではピアノ弾き語りを主軸にパフォーマンス。 救いようのない醜い情念やおふざけ、一握りの希望を込めて作り歌っている。 現在秋葉原を拠点に路上ライブ活動中。路上ライブは無告知で毎回観客0の状態から演奏をスタート。 初対面の人に1人1枚ずつ CDを届けていくスタイル。11ヶ月続けている。※2018年8月5日に無事終了 2018年12月16日に1stワンマンライブを赤坂グラフィティにて開催。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or