After Breakfast

BRAYDEN
143
4
0

歌詞

作詞:ポトフ・はるき

作曲:ポトフ・はるき

日が燦々と僕らを照らす 窓ガラスから朝日が入る頃 目を覚ました猫はあくびをして 行き先も決めずにまた歩き始めた 今日から始まった僕らの新しい旅 何が起こるかわからないから不安だけど 道は長いし時は早い 背中の荷物下ろしなさい そんな風に言えたらいいんだけど 僕は極限にシャイだから 本当に本当にごめんなシャイ 目と目をあわせて言えるようになるよ 日が燦々と僕らを照らす 夕日が僕らの影を濃くする頃 歩き疲れた猫はあくびをして 空を飛ぶカラスに憧れを感じた 日が燦々と僕らを照らし続ける 日が燦々と僕らを照らす 窓ガラスから朝日が入る頃 目を覚ました猫はあくびをして 行き先も決めずにまた歩き始めた 君と過ごした日々は思い出となり 僕らの中で永遠に生き続ける 写真には残ってないけど あなたが僕を照らし続ける 僕らは進む この先の道を

アーティスト情報

brayden0band@gmail.com 遊びの誘いでもなんでも受け付けてます。 あなたの身近なバンドになりたい。 (ex: BAND of the POTOFU.

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or