筑前植木

ワガマンマ
7,334
40
1

歌詞

作詞:Kenshin

作曲:Kenshin

夕暮れの駅 列車は階段の向こう 踏切の音が誰かの悲鳴に聞こえました ずっと見てきた寂れた景色でさえも 貴方とならよくあるソレとは違ってました ねえ、ずっと、そこで待っててね 夜が明けたら迎えに来るからね さあ、ちょっと、そこで待っててね 気が向いたら来るからね 「私、ずっと待ってんだけど。 忘れてないからね」 君の恋も、僕の声も 今じゃもう全部、無かったような気がしてんだ 僕のほうが君なんかよりもずっと。 なんてことを思っていました 想っていました さあ、ちょっと、そこで待っててね 君の恋も、僕の声も 今じゃもう全部、無かったような気がしてんだ 僕のほうが君なんかよりもずっと。 なんてことを思っていました 想っていたんだ

アーティスト情報

北九州を拠点に活動スリーピースギターロックバンド。GtVo:水流健心(@tsuru_kenshin) Dr:たくお(@doramaatakumi9

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or