山作戰 MV「絶望の砂に咲く花」(センまつりテーマソング)

山作戰
32
4
1

歌詞

作詞:髙山真徳

作曲:髙山真徳

違って当たり前のものと 埋もれていく気がする不安の根が 絡まる 平成世の中も終わってしまう 素敵だと思って贈ったもの 検索結果が世知辛くしてしまう ちがう 世知辛く使うのはひとだ あれやこれや ぼくやうた もう土曜日だってない ひといきれ なぜあいつだけ なんでぼくだけ みんな手を繋いでゴールは切れないもんね 限られたときの中で 思いは募る 愛しくてなくしたくないのにな だのにな 絶望の砂に咲く花 見えた気がした ありふれても 気が触れても あとすこし尽きぬ思いを もう少しだけ信じていたい 多様性は認めにくいけど 「ひとそれぞれ」でそれとなくフタができて 止まる おしゃべりがなくなって店を出ても 街のうたが聴こえてこなくなって シラケりゃ利口に見える時代は終わっていた 笑っても泣いても100年後にぼくはいない 智に働けばググれカス 情に棹させば鬱だ氏のう 勝ち負けなんて高さ低さなんて 井の中のカエルだって 煮える前に飛び出すもんね 悲しみの沼でふやけた 愛だったなにか 怒りなんて不器用な願いなのにそれだから 絶望の砂に首まで埋められても うたえるかな 咲けるかな せめて少し あきらめらんないよ あなたに向けて放つんだ 悲しみの沼でふやけた 愛だったなにか 怒りなんて不器用な願いなのにそれだから 絶望の砂に首まで埋められても うたえるかな 咲けるかな せめて少し あきらめらんないよ あなたに向けて放つんだ 限られたときの中で 思いは募る 愛しくてなくしたくないのにな だのにな 絶望の砂に咲く花 あなたが咲かせた ありふれても 気が触れても あとすこし尽きぬ思いを もう少しだけ信じていたい もう少しだけ

アーティスト情報

熊本出身、東京で20年活動後 現在、静岡で活動中 少しうれいのあるポップなメロディーと歌詞の世界、昭和から平成を生きたひとたちへ寄り添う。 2018年は95ステージをこなし、今年は4月27日に静岡県グランシップ中ホールで再度1,000人を集める「ヤマサク春のセンまつり」を開催する。 アルバム5枚をリリース。 2016年3月13日に初シングル「明けない夜」 2016年8月2日に第4アルバム『山作用』発売

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or