宇宙人間

lilil
907
31
0

歌詞

作詞:lilil

作曲:lilil

いつだってはみ出していた 存在感 身のない焦燥感 いつだって夜覚えていた 優越感 巡る深いところで いつだって履き違えていた 劣等感 気の無い天井に いつだって迷っていた 空洞感 君がいない夜は 愛想笑いも尽きたころ 朝昼晩もう一回回って 語らない君を見つけて 手を伸ばすまではいいとして 影のない君の声を 辿ったらどこに着くのかな 目の前の最終回に追いつけないまま日々が過ぎてく 広がった宇宙に歌ってる僕は誰のためにここにいる 目の前の最終回に区切りを打てないもどかしさでまで 僕は僕でいたい 飾らない奥を探して 声をかけるまではいいとして 影のない君の顔を 追いかけた僕は 語らない君を見つけて 手を伸ばすまではいいとして 影のない君の声を 辿ったらどこに着くのかな

アーティスト情報

(19) DTMer

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約および個人情報の取り扱いを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or