速度制限

葉月
375
10
1

楽曲解説

一番自分に近い曲です。

歌詞

作詞:葉月

作曲:葉月

指で夢を語れる時代 押した感覚のない世界 散らばった情報網に絡まっている 使いこなそうと必死な 僕は速度を制限された まだ 震えてる指先に 言い聞かせてAlright The feeling 溢れるくらい 羨ましくて君が 輝くあの場所で 眩しそうな目をして逸らしている僕を見ていた さよなら 今更 うまく泣けない僕を 抱きしめて 歩いていく 今日も誰かの1日を指でなぞっては 無意識に比べて今の僕を嫌うんだ 全ては手に入らないよって 言われたんだあの時 僕の手の中にあった大切な1つの物のために 全ては必要じゃないと知った 針が 止まった時計を買おう 昨日へ戻って笑ってみよう 苦い所と甘い所を 知ってしまった大人は言う 人生は プリン みたいだと 教えてくれる本もあって 嫌いだった今までの僕を 好きになれる瞬間(とき)があるって 今 悩んでいることは 誰かが 悩んだことのあること 落ち込んだ時人は 下を向いて歩く きっと誰かが見つけた答えが 人並みに紛れて落ちている ゆっくりでいい 首が疲れたら 顔をあげて 足踏みをしていた僕は 君と同じ歩幅で 歩けないかもしれないけど 僕らしく歩いてみるよ さよなら 今更 伝えたくなって また制限されるまで 速度をあげて 君の元へ

アーティスト情報

作詞作曲独学鍵盤。はづきです。震える指と声と心で弾き語りしてます。8/15 四谷天窓 21日新宿ACB ハングリー精神歌。◎SHOWROOM▶https://t.co/OL7IUY5UdL #葉ver #葉さん

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or