歌詞

作詞:谷崎百

作曲:谷崎百/大橋直貴

鱗 信じていた水槽では 息を擦ったサカナが泣いた 消し去りたい記憶ほど 脳内棲みついて離れずに 誰かの言うことは 当てにもならなくて この眼で確証に触れてみたくなった次第で 灰になる前に 刻みつけたいや ここから曝け出して 何かが終わりそして何かが始まるこれこそが 鱗脱ぎさるサイレンス 世界は白黒のままに只管廻る 大粒の雨地面叩く 感覚を上書きする当たり前のセリフ 欲しいのに貴方はくれない 目逸らさないで 乱れていたいや この手を離さないで 愛に飢えて動けない貴方とぼんやりついた灯が 消えてしまわぬように 誰か今気づいて 煌びやかに可能性の地平線潜る 乱れていたいや この手を離さないで 愛に飢えて動けない貴方とぼんやりついた灯は 消えてよ 刻みつけたいや ここから曝け出して 何かが終わりそして何かが始まるこれこそが 鱗脱ぎさる振り返らないのサイレンス

アーティスト情報

「10年後も残る楽曲」をテーマにVo.谷崎 百とGt.大橋直貴の2人で活動。ユーモアと毒を織り交ぜた歌詞とドラマチックなバンドサウンドで「心の悲鳴」を表現。 2019/9月に曲入りミニアルバム「Florence」をリリース!

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or