Romance

Adler
6
0

歌詞

作詞:石河尚修

作曲:石河尚修

silent night 今夜目を閉じるより 彷徨っていたい午前3時 冴えない 私は主演のよう 冷えた指先を温めていた 例えば通りすがりの知らない誰かに今 殺されてしまっても 永遠になれるならきっと後悔は無いよ 皺が深くなる前に 身を焦す程に恋したいのに あの時のように戻れない 虚しいだけだね 隙間を埋めるだけの関係性 city light ニュースで流れている 未だ見た事ない光 手が届きそうなその前に 消えてしまうかもね 結局誰もが赤の他人さ 可愛い自分を大事にしたいだけ それでも 心の奥では期待してしまうよ 身を焦す程に恋したいのに あの時のように戻れない 枯れていく感覚 これが大人になるってことなの 結局誰もが赤の他人さ 可愛い自分を大事にしたい でもこれから 始まるロマンスを待ってる

アーティスト情報

都内中心で活動中のロックバンド、Adler(アドラー)。2018年結成。 チケット予約はオフィシャルウェブサイトまたはTwitterにて受付。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or