どこまでも連れていって 160724

ドクロバニー
4
1
0

楽曲解説

ドクロバニーのオリジナル曲です。

歌詞

作詞:フゥ

作曲:フゥ

君のバイクの後ろにいつも またがるときは 一蓮托生 そうでしょう 置いてかないでね 最北端まで あたしついてくわ 雨が降っても 幸せよ 滑るように速く 風の中泳ぐ 青いバイクは走る 体ごと 一匹に なりたいだけ どこまでも 連れていって あたしのこれからを 全部あげる どこまでも 連れていって あたしと一生 笑っていて 何万もするフルコースより 缶スープがいい かじかむ指先 回し飲み 心臓まで熱が染み渡って 抜ける青空 タンデムのままで 春が来る 点のように遠い 一面の花畑 見つけるのは 得意よ 指さして 声上げる 任せててね どこまでも連れて行って あたしの命ごと 預けるから どこまでも連れて行って あたしと一生 笑っていて 緑の丘のカーブを 曲がりながら君は言った もし天国があるのなら 二人 こうやってずっと 走ってるだろう どこまでも 連れて行って ガラス越しじゃない 世界の中で 涙なら 吹き飛ばして あたしと一生 笑ってて どこまでも 連れていって あたしのこれからを 全部あげる どこまでも 連れていって あたしと一生 笑っていて

アーティスト情報

名古屋の六畳ロックバンド ギターボーカル: フゥ ベース&その他: ゲン

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or