歌詞

作詞:安達優人・蜂谷直人

作曲:安達優人

トンネルくぐり 夜空と星を避け 君の隣へ通った 横顔を見て どこへ行こうって それだけで満ち足りていた 何もできないのに 厭世的なフリをして コンビニの明かりを 頼りにキスをした どんな言葉で 溢れる愛は 伝わってくれるのだろう そればかりを考えていた 君のことは考えていた? 満ちたセレーネ 柔らかな光 静けさは魔法かのようだ 乱れ髪も それもまた美しい 時だけが満ち欠けていた 生まれ変わっても また君に恋するさ 「くさいね」ってバカにして笑ってほしい 月明かりは 君だけを照らす 青白く淡く映写機のように 君ばかりを考えている ある火曜のニューシネマ

アーティスト情報

pop music for freaks “音楽好きのためのポップソング” 2019年10月宮城県仙台市で結成。時代にとらわれないエバーグリーンな音楽を、をモットーに活動している。自由でカラフルなサウンドと、芯のあるボーカルの歌が絶妙な調和を生みだす。 2020年1月25日、1st album『butter marmarlade』をリリース。 同日、仙台MACANAにてリリースイベント「ママ、ディナーにパンはよして」を開催。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or