ふたり

雨降れば海
1,105
26
0

楽曲解説

ふたりはひとつだと信じていたころの話。

歌詞

作詞:ANJU

作曲:ANJU

そんな顔しないでって 君がさせたんじゃないか困るよ 雑踏だけが耳を劈いて 見えない壁を作るようだ 触れたくはない 消したくもない 嗚呼 過去になっていくのかな 意味を持たせるなんて浅はかな 今日を生きて 人混みは嫌いだねって 小指だけはまだ離さないで 何回でも同じ この喫茶店 始まっては終わって 幻になって消えていくんだ 「どこまでもいけるよね」って確かめるのに「どこまでもひとり」 って何見てるの? 歪な力で守りたいどこまでも 馬鹿みたい まだ隣を考えているよ 好きだよがなくてもいいって思ってしまった 進む針が重なるって信じていた 何回目?って言って笑って 嘘だって言って涙を拭いてよねえ 記憶の中に閉じ込めないで 君にとっての私と私にとっての君が同じ 大きさじゃなくてもいいって思えた そう言い聞かせた 風は生ぬるくて腹が立つなあ 光があると影は濃くなるよ 街灯に刺さって 写真嫌いなのに撮ってごめんね 思い出になるのが嫌だったんでしょ その気持ち今はわかるよ わかる わかるから 嘘が嫌いなのに言ってごめんね 正直になるのがこわかった 嘘じゃない 嘘じゃない から これからがなくてもいいって思ってしまった 今だけは重なるって信じてた らしくないよ 俯かないで 嘘だって言って笑って見せてよねえ 好きだよがなくてもいいって思ってしまった 進む針が重なるって信じていた 何回目?って言って笑って 嘘だって言って涙を拭いてよねえ 記憶の中に閉じ込めないで

アーティスト情報

降り注ぐ。 Vocal(@yoruowaranai) Guitar(@kosuke_gsx250s) Bass(@rin02154) Dr(@so29x_)

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or