カケラ

日向寺昌美
270
3
0

楽曲解説

理想と現実との違いに、 もがきながらも自分の夢を諦めないと強い意志を描く。 「僕にはこれしかない。」どんな道でも進むだけ。

歌詞

作詞:日向寺昌美

作曲:日向寺昌美

ままごとのような夢を握って辿り着いた場所 口だけの教官 鼻の伸びた奴らの集うとこ 為になるような話しなどはない 行動するだけ どこにいたってできる奴らは数えきれない もうなんだ。って考える時点で他人任せだ こんなはずじゃ。 才能なんてかけらもなかった 勘違いから出発した でも僕が決めたんだ悔いはないさ 空回りも遠回りも飽きた もっとやれる僕はどこだ? ありったけの僕を歌にしたって 数人の客席綺麗事で並べた言葉 鼻歌で作ったメロディ 消化ライブで終わって数重ねるだけ やりがいなんて、まるで無くて 「去って行く」って不安が僕に取り憑いて 身動きできないんだ 勘違いから出発した でも僕が決めたんだ悔いはないさ 空回りも遠回りも飽きた もっとやれる僕はどこだ? 理想と現実重ならない 最短距離探している でも関係ないんだ、そうだ 僕にはこれしかない 勘違いだとわかってても 可能性は僕にだってあるはずだろう 空回りも遠回りも 何度でもしてやるさ たとえどんな分かれ道でも 僕が決めるんだ悔いはないさ 誰に何と言われたっていい もっとやれる僕はここだ

アーティスト情報

茨城県出身シンガーソングライター。2017年よりオリジナル曲を作成しはじめ、ライブハウスや路上ライブを中心に活動している。また傍らでアイドルやアニソンの仮歌なども行っている。 2019年12月14日には横浜O-SITEにて ​4thワンマンライブを開催し満員御礼で披露した。​ ソロ活動と並行して、シンガーソングライター「Honami」と「日向寺昌美」による新ユニット“えのぐ”を結成。ハスキーボイスのHonamiと、透き通った歌声の日向寺昌美の相性は抜群。作詞作曲から衣装、メイク、ライブ演出なども2人によって作られている。 2019年8月11日、えのぐとしては、初のツーマンライブ「オムライス」を開催。同時に3曲入りCDも発売した。えのぐとしては、JFL日本フットボールリーグの、FC大阪の応援ユニットとしても活動し、ホームゲームでは毎回えのぐのライブパフォーマンスが繰り広げている。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or