真夜中アイソレーション

安部朋哉
22
0
0

歌詞

作詞:安部朋哉

作曲:安部朋哉

真夜中ひとり部屋の片隅で イヤホン聴こえる歌声が この身体燃やすように熱くしてゆく 街の明かり眩しくて 君の声聞きたくて 叫ぶようなこの思いに酔いしれるひとりの夜 流れてく星を見たんだ 広い夜空を駆け巡って あんな風に飛んでみたいな 静かに揺れてる夜の海を渡ってゆく 君は今眠りの中 会いにゆくこともできない 満月に吠えるような歌声身体に響く 君のこと抱きしめたい 冷たい闇を切り裂くように 二人で乗り越えて行こう くりかえす孤独を乗せたこの夜を今 誰もが眠れない夜を過ごしてゆく 誰かに伝えたくてもどかしいそんな日々を いつも不安があってだけどどうしようもなくて また朝日を迎える また長い今日が始まる 悩める僕らを叩き起こしてく 君はまだ眠りの中かな もう少したったら君に電話かけよう 流れてく星を見たんだ 広い夜空を駆け巡って あんな風に飛んでみたいな 静かに揺れてる夜の海を渡ってゆく

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or