アノマティ
2,794
71
0

楽曲解説

最後の曲です。

歌詞

作詞:川上 朔

作曲:川上 朔

いつも通りの帰り道 僕は夜に独りだった 誰かのせいにして 自分を守っていた 全てを失った夜に あなたの声が聞こえた なんだ気のせいか 失った物の偉大さ 今更気付きたくもないや 1人自転車を押す 月は僕を見てる? 誰かのせいにして 自分を守っていた 誰かを犠牲にしたら 僕は夜に独りだった 何かを取り戻したい朝 僕の声が部屋に響く なんだもうこんな時間か… 終わりの続きを始めよう そう、簡単には行かない それくらい分かってるよ 誰かのせいにして 自分を守っていた 誰かを犠牲にしたら 僕は夜に独りだった 誰かの為にさ 自分が耐えてみたよ 誰かを守ろうとしたら 一緒に戦ってくれる 仲間が1人2人増えて行く

アーティスト情報

アノマティの公式アカウント。 Vo,Gt 川上 朔、Gt 雪雲 瞭、Ba カオル、Dr 龍雨。 神奈川,東京の4人組高校生バンド。あの街からあの街の事を歌いに。あの街の事を歌うからあの街を思い出して欲しい。 YouTube https://youtu.be/_JHZcOegrYM

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or