まっさら

mibuki
743
17
1

歌詞

作詞:mibuki

作曲:mibuki

まだ子供だからって 口を揃え不自由を与える大人 縛られていることが嫌で私は外へ走りだした 唯一自由に感じれる場所 広いスクランブル交差点の 真ん中で立ち止まった 少し広い世界を感じた 檻の中にいるような私は小さな 自由を求め走った 大人になりたい 大人になりたい 本当の大人も知らずに 走っては止まり 走っては止まり 私は今 また立ち止まった 白紙の紙を差し出して急に自由を与える大人 暗い夜道をただ1人 歩くことが多くなった 開かなかった扉が開きここから先は 自由にしていいよと 言われたことのない言葉が胸にささり 一気に不安が 押し寄せた 少しの期待と 大きな不安を抱えて 今 走り出した 自転車で走る帰り道 後ろから車が追い越していく まるで私一人置いてかれていくようだった 私は何を信じて誰を信じたらいいの 嘘や愛や偽りが混じり合う世界で 人を愛し 信じ続けられるかな 手を取り合い 笑いあえるかな 私の周りの大切な人の顔が浮かぶ今は 一人じゃない 立ち向かえる

アーティスト情報

2000年生まれ19歳シンガーソングライター mibuki。 //メッセージ性の強い詞をキャッチーなメロディーにのせて// 自分の想いを世界中に届けたい。 そして歌が残り受け継がれる様なアーティストでありたい。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or