シテツノシハツ

宮本豪
68
1
0

歌詞

作詞:宮本豪

作曲:宮本豪

冬の夜明けがあの街を影絵にして遊んでいる 朝焼けに削られた群青がはらはら降り注ぐ朝 廃工場の煙突から伸びるようにあかい雲 ぼくじゃない誰かがきっと 絵や歌にすることだろう 長いこと張りっぱなしの弦を かき鳴らして叫びちらかしても あの部屋には知らない誰かの 知らない暮らしが続いていくだけ あっけなく日々はとけていったけど あっという間にとけていったけど あの街には戻れないけれど分かっているんだ 意図しない何処かでまた巡り会うことを 分かっているんだ 冬の夜明けがあの街を影絵にして遊んでいる ぼくはもう行かなくちゃ 汽笛の音が届けばいいな あっけない日々が宝物だったな あっという間だったから気付けなかったな あの街にさ 手を振ったって もう誰からも見えないな 泣いたって誰かにバレることはないな さよなら 大切な人たち さよなら 大好きな街並み 泣いたって誰かにバレることはないのさ

アーティスト情報

1995/05/27 東京からは離れますが、青春の弔い合戦は終わりません。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or