紗々

茂木祐作
77
0
0

楽曲解説

1~3弦だけナイロン弦を張って独特な響きにしてみました

歌詞

作詞:茂木祐作

作曲:茂木祐作

君に会った日 僕はボロボロだった 使い捨てサイクルの中 磨耗した 部品の如く不恰好な姿で 何度目かの はじめましてを言った ビルの上から誰かが飛ぶ度に サイレンとフラッシュで光る街角 井戸の水をひっくり返したような人の波に 飲み込まれ 弾き出され 震える君の肩を 抱きしめてあげられたら僕も変わっていたかなぁ 誰も文句を言ってこない世界に 飛び込んできたものの孤独は癒えず 鉄塔に舞い降りた一羽のカラスの憂鬱に 目もくれず人々は夜の市場へ歩き出す 夕焼けの中 インディゴ聴いた 留まることを知らぬ熱が溢れた 君に会ったら救われる気がした でもそれは大きな間違いだった 僕の頭の中の美化委員会が 叶わなかった恋ばかりを狙う 君に会ったら何て言おうか迷う 笑顔作っても声は泣いている 何一つ君の言う通りの僕になれなかった ノストラダムスだって予言外したでしょって 笑ってた君の悲しみに気づけたなら 僕は隣に居れたの? さようならも おめでとうも 僕に言えるわけないなぁ

アーティスト情報

世界遺産の町で生まれ育った21歳 茂木祐作(モテキ ユウサク)です。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or