雨とサイダー

blank in one's memory
59
4
0

歌詞

作詞:いさわ りょうた

作曲:blank in one's memory

雨とサイダー 風が今日もぼくらを責めて 日々の怠惰 晒していく 冷めた声が裸になって ぼくはぼくを許せないや 悲しむ前に心を折って すべてを忘れたいや 笑顔も泣き腫らしたこの目に見えないよ 遠くなった寂しくなった 未だに変わりもせずに 夜になって気づいたんだ ぼくらはここにいるんだ 雨とサイダー 裸のぼくは 青い空ずっと願って 手に余った心を折って さよなら言っていたんだ 笑顔を泣き腫らしたその目に見せるよ 冷めた声が裸になって すべてを晒してたんだ 夜明け前に雨は止んで ぼくはぼくを許していた 覚めた声が肌を伝って その目を潤したんだ 手に余った心を折って さよなら言っていたんだ

アーティスト情報

東京都立川市を中心に活動中。 Vo.Gt 伊沢 亮太 Gt. 井村 峻 Ba. 内野 禎人 Dr. 平野 将也

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or