君とバンドと終わり

終電で帰して
308
4
0

歌詞

作詞:R.Kakutani

作曲:R.Kakutani

このバンドで食っていきたいと思ってるよ 最近流行りのあいつらみたいにさ それで本当にやっていけると思ってるの? 大した覚悟もないくせにさ 本当は頑張ってって思ってるよ だけどもう見込みがないじゃない 本当にもう駄目だと思ってるの? 傍から見ればそうかもな 早くここにおいで いつか終わりになる日が来たら 明日から何をしよう ほんの少しでも惜しまれて 終わりにできたらいいな この平凡な毎日を恨んでるよ 平等じゃないから虚しくて 十二時半の終電はいつもと同じ 欲望と酒のにおいがした 必ず大事にするって言ったじゃない ここまでずっと信じてきたのに 望んだものは全部あげたでしょう あなたが離れないようにね 早くここにおいで いつか歌ったあの日の歌を思い出せる気がして 意味のないことばかりだけど 笑えたあの日みたいにさ いつか一人になる日が来て またその時は いつか終わりになる日が来たら 明日から何をしよう ほんの少しでも惜しまれて 終わりにできたらいいな

アーティスト情報

ほんの少しでも惜しまれて終わりにできたらいいな

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or