夢で会えたら

EMIRI
3
0

歌詞

作詞:カイト ヤマシタ

作曲:EMIRI

追い越した季節 風の中で揺れるたびに 最果てで笑う 白い悪魔 僕を置いて 問いかけた日々を 忘れるように 皺をつけて 通り雨は過ぎた 雲間裂いて 笑う花よ あぁ今日は 日が暮れるまで踊り明かそう 明日には 何もないよ  目も見えなくなっちゃうね 寝息と日の陽を浴びるとき 春が産まれた日を思い出させて 寝息と日の陽を浴びるまで 僕はどんな夢と旅に出かけようか あぁ どこでもない もうここにいようよ 僕は何もないよ 追いかけた季節 過ぎる度に 皺をつけて 明日には僕もいないよ 手も冷たくなっちゃうね 寝息と日の陽を浴びるとき 春を見つけた日の子供のように 両手を広げて眠るまで 次はどんな夢と2人出かけよう 追い越した季節 風のように揺れるように 明日には何もないよ 全部見えなくなっちゃうね

アーティスト情報

2019年 結成 Shoegazer×Pop rock

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or