蒼穹のレグルス

seiza
7,027
90
2

楽曲解説

本音源はDEMOヴァージョンです。

歌詞

作詞:鈴木穂高

作曲:鈴木穂高

突き抜けるほどの青空に 為す術もないまま溺れた その瞬間に零れた稲妻の 淡い閃光がずっと焼き付いて離れなかった 河のように流れる時間に 身体は攫われ揺られていく 水底に落ちていった思い出が 鉛のように鈍く光っていた 潜り抜けた夜が何度も 無理矢理に背中を叩いた 君に出会うために 怯えた夜に見た星を 心が震えた夕焼けを この瞳が この肌が この細胞が憶えている 独りぼっちなんかじゃないんだと 思わせてくれた君だけは どんな闇に飲まれようと 僕が独りにさせないから 空っぽだった両手はいつからか 大切なもので塞がった そのどれも全てが 君から借りたものだけで出来ていた 失くさないようにと 何度も抱きしめる度に いつも君の顔がすぐ浮かぶよ 交わした言葉の優しさが 繋いだ手に残る温度が この痛みを この胸を この傷跡を撫でたよ 限りあるものとわかっても 生き急がないでいたいのは 君がくれた陽だまりに 少しでも長くいたいから 嵐の中でも輝く星のように 例え声を失くしても叫ぶよ どれだけ汚れた世界でも 失くしたくないと思えたのは 君が「綺麗」と笑ったから 突き抜けるほどの青空を その時零れた稲妻を その匂いを その声を その全てを 守り抜かなきゃ 君と生きていたいから

アーティスト情報

楽曲制作から映像編集までを1人で手掛けるマルチクリエイター。 2019年よりseizaとして活動開始。 YouTube「seiza Official Channel」上にジャンルレスなオリジナルの楽曲や歌ってみた動画などを投稿している。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or