花びら

皆川亜紀子
78
0
0

楽曲解説

2005年2月、20歳からの6年間を過ごした東京を離れ、宮城に帰る時に作った歌。その頃に出会った大切な友にも、またいつか良い形で私の歌声を聴いてもらえるように……。そんな気持ちも込めた決意の歌です。でもモデルになった友の一人は、数年後、若くして天国へ旅立ってしまいました。私は2016年春から大阪にいます。あなたの花びらも遠くの大切な人へ届きますように。

歌詞

作詞:皆川亜紀子

作曲:皆川亜紀子

桜咲き 桜舞い 僕ら行くよ 話すことも文字を書くことも  この土地を動くはずもなく それでもテレパシーのように 伝わってくる心にバイブ 街中から集まる人たちの溢れる力も花となり 桜咲き 桜舞い 僕ら包むよ 丘の上から見渡す海へ 花びら風に乗って君へ届けと さあ散って さあ散って また…… 気がつけば故郷を離れ 僕の“かけら”は砂粒と消えていった 跡形も無くなりそうだと決断を迫られて やっと この街の大木の声がして あの日の記憶よみがえり 桜咲き 桜舞い 僕ら包むよ 全てを受け入れ進む強さ 振り返るわけじゃなく空見上げるよ さあ散って さあ散って また 桜咲き 桜舞い 僕ら包むよ 丘の上から見渡す海へ 花びら風に乗って君へ届けと さあ散って さあ散って また…… 桜咲き桜舞い 僕ら包むよ……

アーティスト情報

宮城県出身→大阪暮らし4年目。 シンガーソングライター。高校時代より作詞作曲を始める。近年は、ギター弾き語りのスタイルでライブを不定期に行う。 1stミニアルバムCD「深呼吸してみてよ」を2019年4月発売(自主制作)。20代前半〜30代半ばまでの自作曲7曲をプロによる豪華アレンジで収録。自主レーベル「うまらこレコード」を立ち上げる。 心の闇や光、日常をテーマにした曲が多い。 2016年から当時1歳9ヶ月頃の息子の影響によりママ鉄になる。現在、近鉄ユーザー。息子とお父さんとの鉄道エピソードを描いた非公認の鉄道ソングを作り、ライブで歌う(未音源)。 2018年、facebookグループ「あきまる鉄道クラブ」を設立。部長&管理人。ライブ×鉄道のオフ会を自主企画。 ラッコとリサとガスパールも好き。 鉄道や水族館イベント、リサとガスパールタウン等で大好きなものや生き物、応援してくれる人たちに囲まれて歌ったり、同じ興味を持つ人たちと音楽と趣味を複合的に楽しめる空間を作っていくことが現在の夢です。 2006年に気分障害と診断され、うつ病の治療を続け、2017年秋頃より双極性障害II型の治療をしています。 持病と子育てで、音楽活動がスローペースですが、是非、音楽や趣味を通して、これを読んでくれたあなたとも繋がれたら嬉しいです。 応援よろしくお願いいたします。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or