楽曲解説

1st full album【FILMS】 track-6.『青春』

歌詞

作詞:鈴木啓

作曲:鈴木啓

疑いもせず躊躇いもなく手を伸ばし掴みたいと思った 希望を映したガラスの太陽 カラスが鳴いて 朝は帆を張る 朽ち果てたゴミに跨る体温 そこに這う溝鼠は笑っていたんだ コーヒー タバコ 棄てられた嘘 引き裂いた日常に唾吐いて 破裂した音で紛らす線路 飼いならされて行方も知らず 快速 争うスタンピード これがそれであれがどれっての? 今か今かと待ちわびていたらいつの間にかここはどこだ 君はどこいったんだ 迷いながら悩みながら僕は伸びていく影を見送った 今だけで良い 涙流して それこそ青春だ 舞い髪が描く放物線 靡くスカート 白い素肌と跳ねる声 そんな記憶を吸って息してるんだ 少し背伸びした君の細い指先に広がってる空 見上げた僕は多分 分かっていた 今と繋がっていた 失くしながら憂いながら僕は伸びていく影に手を振った 今だけで良い 涙流して それでも笑って 迷いながら悩みながら僕は消えていく跡をなぞった 今だけが良い そんな唄歌った これこそ 今こそ 青春だ

アーティスト情報

2011年3月、幼馴染み+兄弟が集まり結成。 最小限にて最大限。 1番近くで鳴る音。響く言葉。 魂の叫び。日常に揺れる心の機微。 生死。自分とは。あなたとは。 幾つものアプローチで鳴らす命の唄。 3人。 涙が止まるまでそばで。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or