夏の夢

natsume
333
5
1

歌詞

作詞:菅原 佑哉

作曲:菅原 佑哉

祭りの後人のいない神社の中で 駅の方へ歩きだす君を止めたくて まだここにいようよ なんて言葉も かけられず黙って手を繋いだ 笑ってる君を見てるのが好きだった 恥ずかしくて 照れくさくて 言えないけどさ ねえ君は それでも微笑むいつものように 繋いだ手 優しく握り返して 夜風なびく夏の夜 思い出してしまう 打ち上がる花火を僕の隣で 見上げる 君はもういない ぼやけていた 夏にみた夢はどこか優しくて 暗い部屋に鳴り響く花火の音 胸の痛みが少しずつ強まって 掴んでた 手のひら こぼれ落ちた 幻のように 儚い願いも思いも薄れながら 綺麗な夜空に 広がる 花火が街に溶けていく 駅のホーム 繋いでた 手を離して 「今日はありがとう 夏祭り また行こうね」 君は そう言いながら僕に微笑んだ それが嬉しくて 愛おしくて 切ないのはなんでだろうな セミの鳴き声 人だかり 夏の匂い どれもこれもに僕だけのあなたがいて あの日の約束も 果たされないまま 隣で見上げる君を思い浮かべて ぼやけていた 夏にみた夢はどこか優しくて 暗い部屋に鳴り響く花火の音 胸の痛みが少しずつ強まって 掴んでた 手のひら こぼれ落ちた 幻のように 儚い願いも思い出も薄れながら 綺麗な夜空に 広がる 花火が街に溶けていく 町に溶けていく

アーティスト情報

神奈川発、4Pギターロックバンド。 Vo.真田樹 Gt.菅原佑哉 Ba.高橋光 Dr.中瀬裕太 ありふれた日々の中に、僕らの小さな音楽を。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or