あの街で逢おう

まなつ
64
2
0

歌詞

作詞:まなつ

作曲:まなつ

夏の匂いが染み込んだまんまの布団に寝転がった 窓の向こうでは冷え込んだ街がせっせと夜に向かう 流れ込む風がなんかたまらなく懐かしかった 一体どれくらいこうしてんだろう 明日になったら全部変わってしまうの 流した涙も無かったことにされるのか 人知れず交わした小さな小さな約束 果たせる時に笑っていられたらいいな 正直な気持ちでいたかったなんて もう言い訳はいらない 夜がやってくるんだ さあ旅に出よう あの街で逢おう 僕らは風の中 まだ泣いて笑って夢を見て 行先も知らないまま さあ旅に出よう あの街で逢おう 笑って話そうよ 過ぎた季節の事より 明日の夢を見よう 生乾きのTシャツ 君がいないだけの部屋 穴の空いたスニーカー ロクに弾けもしないギター どこにも行けず時計は回って知らないふりをする 一体いつまでこうしてんだ 正直な気持ちでいたかったなんて もう言い訳はいらない 夜がやってくるんだよ あの夕日が全部沈むころ 夏が去ってしまう前に 僕は行かなくちゃいけない さあ旅に出よう あの街で逢おう 僕らは風の中 まだ泣いて笑って夢を見て 騙されていたいんだ さあ旅に出よう あの街で逢おう 笑って話そうよ 過ぎた季節の事より 明日の夢を見よう 僕らは風の中 君に逢いに行くよ

アーティスト情報

町田発3ピースロックンロールバンド!

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or