さよなら紫陽花

10
0
0

楽曲解説

「さよならしようか」です

歌詞

作詞:梨

作曲:梨

柔らかな風が頬に触れる温度で 思い出してしまいそうで情けなくなる春 温かな雨が耳元でささやくから 溶けてなくなりたくなる悲しいほどに春 澄み渡る君の鼻歌で 梅雨空に光が差し込んだように 鼻詰まりの僕のことを 群青に染め上げたの あじさい通り雨足は強まり 肩がぶつかるほど近づいて あじさいみたいだなんて思って それでもうさよならなんて 花びらも散らない 弱い風で舞った誓い 遠い雷鳴に速い雲 青い花手を振る 通り雨は何も流せやしない 明日なんか来なくていいと 君が呟いたあの日から 明日は二度と来なくなった 明け方には今日に変わってしまう魔法 かけた君は素知らぬ顔でまた今日を生きて 明日を殺している 汗かき走り回ったとて 君を振り向かせることも 出来なかった訳が今ようやく分かったよ 僕にとって君は明日そのものだったんだ とか恥ずかしいことも言えてたらな あじさい通り新緑は深まり 春の終わりは徐々に近づいて 青すぎる空をにらんだところで これでもうおしまいなんて 花びらも知らない 弱い雨で朽ちた願い 赤い傘に五月雨 青い花思い出す 通り雨夏に向かう町を冷まして あじさい通り雨足は強まり 呟いた声はかき消された 「あじさいみたいだ」なんて言葉で 困ったようにさ笑ってほしくて 通り雨は何も流せやしない

アーティスト情報

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or