メッセージ(仮音源ver)

HAND's
254
0
0

歌詞

作詞:じろー

作曲:HAND's

見覚えのある 色褪せた丸文字 右に擦れた その跡をなぞる 紛れ込むように 混ざり合った時間を 思い出すのも しばらくぶりだと 気づいたよ いつも笑って いつも笑ってる君をずっと 無意識に目で追った 遠い日々を 不確かなようで 確かに僕ら紡いでいった 例えば 夜に咲いた花のように 遠い日々を 君の言葉が僕の中で 今でも呼吸を続けている なるべく優しい人であれと 誰より優しく君は笑う しまいこんでいた 気持ちを解(ほど)けば 離れてった君の声と後ろ姿が今でも 現実感のないままで 残っているけど 温くなってしまったコーヒーに 半分の月が浮かんで 等身大の僕は思い出すんだ 青い日々を 固結んだへの字口も 涙の浮かぶその目も 極彩色に変わっていく 街を君を 忘れないようにって思う度 段々と霞む陽だまり そんな世界で僕は生きていくんだ そんで きっと

アーティスト情報

HAND`s (ハンズ) 4人の両手から作り出される ストレートで耳に残るメロディが売りです。 木下光次郎 gt/vo  酒井優起  gt/cho  藤井勇希  ba/cho  橋本雅志  dr  Since2017

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or