17才(cover)

やっすー
184
3
0

楽曲解説

ハヌマーンの17才のcoverです。

歌詞

作詞:山田亮一

作曲:山田亮一

夏の日 いつかの僕に似た少年の目線には 雨に濡れた成人誌 蘇る あの日の面影 愛すべき住宅地 あの頃僕らは 17才だった 空腹と精液と孤独が踊っている なにしろ僕らは17才だった レコードの山で暮らす先輩に連れられて 部屋に遊びに行ったらさ そのときさ 大麻の匂いがして 怖くなって帰る 口実に音楽は 素面で聞くもんさ 空腹と精液と孤独が踊っている なにしろ僕らは17才だった 卒業証書を桜の花弁くらいに 破いてせーので 空に投げる 風に舞う証書と セブンスターの匂い 腕力も無い癖に 破天荒で居たがった 空腹と精液と孤独が踊っている なにしろ僕らは17才だった 記憶を辿っている間に 日も暮れて すっかり暗くなって 街は鉛色 瞬きする間に 僕も歳をとって 成人誌も少年も気づけば消えていた 空腹と精液と孤独が踊っている なにしろ僕らは17才だった 空腹と精液と孤独が踊っている なにしろ僕らは17才だった

アーティスト情報

感情直結弾き語り。 絶対的な熱量と心からの叫び。 希死念慮を言葉とメロディで繋ぐ。 どうしようもない人に届きますように。 Twitterフォローしてね。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or